Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市仲町にてバッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。

*浦和に新アトリエオープン!*

◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグの教室開始!
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
    他チケット制もあります。
    ※材料実費は別途
   (バッグ1型制作で
    5000〜1万円位です)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995



*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

Roatelierの木

大きくなると実際に植林されます!

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《ついでにサブバッグも…》



今日は自分のバッグを修理しましたが
その作業と並行して
こんな手提げも制作。

手持ちのサブバッグがどうにも酷い有り様で
とにかく代わりになる物を…と
型紙も作らずに、じゃかじゃか仕上げる。

身の回りのモノはギリギリまで後回しにしてしまいますが
週末の名古屋旅の前になんとかしようと!

…なんとか間に合いました(笑)
  1. 2017/08/23(水) 21:09:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《自分のバッグを…》



仕事の合間に
自分のバッグの修理。

このバッグは
ロアトリエとしての初号機で
気がつけば、かれこれ10年使っています。

まだ革は大丈夫そうですが
とうとう裏地のポケットに穴が…(笑)

ようやく丸々裏地交換!
ずっと気になっていたのでスッキリしました!
  1. 2017/08/23(水) 20:30:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《エノテカ・ドーラさんの前菜》



先日の教室時のランチで
2Fのエノテカ・ドーラさんへ。

種類豊富なビュッフェスタイルの前菜コーナーで
控えめに綺麗に盛り付け。
メインのお腹を残す為…(笑)

冷製スープまであるし
どれもこれも美味しいのですが
昼にレバーやトリッパまで食べられて嬉しい!

すぐ後ろの席で
じゃんじゃんワイン飲んでる女性がいらして
なんとも羨ましかったです。
この前菜はワイン欲しくなりますよね…。

  1. 2017/08/21(月) 16:46:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《フナッシーバッグ!》



手前に写るは
今日のバッグ教室で完成したフナッシー!

この革の色にピンときてフナッシー配色に。
フナッシー好きのお友達へプレゼントされるそうです。
それはきっとお友達、大喜び!

基礎のクラスのバッグも
出来る範囲でのアレンジには協力させていただきます…(笑)
  1. 2017/08/18(金) 17:41:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《雨の中、映画を2本》


雨の中、久々に渋谷で映画2本立て。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
兄の死後、甥の後見人になった弟。
久しぶりの故郷で過去と向き合わざる得なくなり葛藤する様子を描く。

主人公に感情移入して見られたが
「ここで終わり?」という最後で
その後のストーリーが気になる…。

『リベリアの白い血』
リベリアのゴム農園で働く主人公が
NYに出稼ぎに出る…というストーリー。

搾取される労働者、
それと同時にアメリカの移民を描いた作品。

日本人監督の作品ということもあり気になっていた映画だったが
またもや「ここで!?」という終わり方…。

カメラマンはこの撮影中に患ったマラリアで亡くなっており
このような形で纏めたことは致し方なかったのかもしれない。

こんな雨の日に
立て続けに消化不良気味の鑑賞とは…(笑)
でも、こういう余韻も
それはそれで面白いものです。
  1. 2017/08/17(木) 08:52:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.