Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市仲町にてバッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。

*浦和に新アトリエオープン!*

◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグの教室開始!
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
    他チケット制もあります。
    ※材料実費は別途
   (バッグ1型制作で
    5000〜1万円位です)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「カフェマローネ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995



*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

Roatelierの木

大きくなると実際に植林されます!

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《昨日の活動報告》


昨日の活動を抜粋。

午前中に御徒町から浅草橋まで歩きながら材料問屋まわり。
涼しくて雨にも殆ど降られず
まさに問屋巡り日和!

午後、東京駅に移動して「アドルフ・ヴェルフリ展」

精神を患って病院に入ってから才能を開花させた画家。
色彩感覚も優れていましたが
えんぴつだけで濃淡をつけて描かれた作品からも鮮やかな印象を受けます。
与えられたえんぴつを1日で使い切ってしまうこともあったそう。

恵まれない境遇でなければこれほどの作品が生まれていただろうか…と思うと複雑な気持ちになりますが
生涯を精神病院で過ごした彼に
描く喜びがあって本当に良かった…。
6/18までですがお勧めです!

夜は映画を1本「ムーンライト」
主人公の成長ごとに3つのパートに分かれた構成。
親友・家族に対する愛情や失意、
そして受け入れて許す気持ちが描かれた好作品。
途中何度か涙しましたが
一緒に鑑賞の友人には
それが不思議だったらしいのが印象的…(笑)

  1. 2017/06/08(木) 13:13:15|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《食事がメイン?》

たかが世界の終わり
昨日は午後から渋谷入り。
目的は久しぶりに会う友人との食事…でしたが
映画も見ようという喜ばしい流れに!

「たかが世界の終わり」
グザヴィエ・ドラン監督の最新作。
死期の迫るゲイの男性が
12年振りに家族に会いに故郷へ戻る。
お互いの苛立ちや愛情や
主人公のノスタルジーを描いた作品でした。
本人もゲイである監督にとって
家族や周囲との人間関係を描写するのは
永遠のテーマなのでしょう。

映画の前にフレンチトーストの店「Ivolish」で
エッグベネディクトと定番のフレンチトースト、
後には沖縄料理屋「やんばる」で
ゴーヤチャンプル・ラフテー・島らっきょう
沖縄そばにシークワーサーサワー!

当然のことながら
食もしっかりと楽しみました…(笑)




  1. 2017/05/30(火) 08:40:15|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《国立新美術館DAY!》



本日は国立新美術館DAY!

お昼頃到着してまずはミュッシャ展をみてしまおうと入り口へ向かうと
入場まで40分待ち!
(ちなみに本日最終日の草間彌生展は
さらに酷いことになってました…。)

おそらくミュッシャは20年近く前に
プラハで見て以来の鑑賞でした。

この展示の目玉であるスラヴ叙事詩の絵画20点は大きくて
天井ギリギリのサイズ。
本気で見ると結構時間が必要ですが
混雑具合が凄くて時間がそれほどかけられずちょっと残念。

友人とヘロヘロになって出てきて遅い昼食を館内のポールボキューズで。

力を取り戻して友人は名古屋に帰っていきました…(笑)
私も明日からは仕事します!
  1. 2017/05/22(月) 18:27:09|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《アトリエ近隣にて》


本日は名古屋人を連れ回し
近隣で活動。

開店と同時に北浦和のカフェ「cinq(サンク)」に入店し
ランチにケーキまで。

その後は埼玉県立近代美術館で
今日までの企画展「川原慶賀の植物図譜」鑑賞。
長崎に出島があった時代、
シーボルトの要望に応えて描いた植物画を中心とした
慶賀の作品の展示でした。
精密に描かれた植物って美しい!
写真だったらそれほど眺めていられなかったはず。

常設展や野外展示もさらっとなめて後
次にさいたま新都心にある「ギャラリー樟楠」で行われていた
baisao_uさんの出張喫茶のイベントへ。
同じ山から採れるお水でも
採取する場所が違うとお茶の味にも影響が!
飲み比べ…面白く貴重な体験でした。

夜はワンステップで晩餐。
クラフト「ジン」なんてジャンルがあることを知る…。

今日も学びの多い良い1日でした!

  1. 2017/05/22(月) 00:40:08|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《プチ同窓会 in 埼玉》



埼玉ののどかな場所で
プチ同窓会な1日

さいたま市の見沼という自然豊かな地域に
ひょこっとオープンした「takase」
雑貨や洋服と古物も扱うお店に伺いました。

唸ってしまうくらいにこだわり抜いた
商品セレクトと店構え。
この場所にお店を構えていることが
不思議なような必然とも思えるような
そんなお店でした。

今回子連れだったので
途中の公園でしばしのんびり。
一緒にてんとう虫を探し捕まえるひととき…(笑)

最後は東川口のお蕎麦屋「名倉」で
夜から参加組も合流して飲み!

今回も1日楽しかった!
次回は名古屋開催を模索中です。


  1. 2017/05/20(土) 23:39:12|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《人生タクシーとソール・ライター展》


昨日はメーカー展示会に伺う前に
渋谷で社外活動(遊び)

まずアップリンクで
映画「人生タクシー」
イランで映画を撮る際は色々規制があり
20年映画制作禁止になった監督が
タクシーにカメラを搭載して「映画じゃない」艇で作品に仕立てたもの。
ドキュメンタリー風の創作物で
イランの街並みも人々の価値感も
監督の政府への反骨精神も感じられる
面白い作品でした。

映画終わって出てきたら外は土砂降り!
すぐそばのBunkamuraへ行く間に
傘も役に立たず
スカートの裾や髪までぐっしょり…。

乾かす間もなく「ソール・ライター展」
昨年映画で知った、写真家ソール・ライターの
写真作品のみならず
絵画作品や写真の上から着色した作品もあってなかなかの見応えでした。
写真は窓越し、鏡越し、格子越し…と
アングルが独特。
普通の何気ない風景が
ソール・ライターというフィルターを通して素敵な作品に。
とてもオススメの展示です!

この日のノルマをこなした後
イソイソと浅草の展示会へ向かいました…(笑)

  1. 2017/05/19(金) 15:55:11|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《メットガラと…》


ひと山越えてようやくプライベートな時間!
今日は久しぶりに映画を1本。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」
毎年メトロポリタン美術館で行われるメットガラと展示の裏方のドキュメンタリー。

メットガラはメトロポリタンの服飾部の運営費を作るために毎年行われる催しで、
時のアーティストや俳優やデザイナーが参加する華やかな宴。

その裏方の張り詰めた様子をみるのは
心躍ります!
当事者だったらと思うと、とても耐えられないですが。

その後、他の展示やGINZA SIXを覗いて
夜はタイ料理…そしてケーキまで食べて終了!

まだまだやりたいことが一杯です。
どこまでこなせるか…私…(笑)
  1. 2017/05/17(水) 23:18:32|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《皆それぞれに…》



世の中のGWの最中のある日
気分転換に旅の本でも眺めようとスタバへ。

本は開いてみたものの全然身が入らず
惚けて周囲を見渡すと

結構遅い時間にも関わらず
大半が埋まっているその席の人々は
皆忙しそうに勉強したり仕事したりケータイ見ている。

改めて広い店内をぐるっと見回したら
ボケっとしてるのは私だけだった!
皆さんも忙しいのね…と慰められました…(笑)

帰る間際に気になっていた『Pen』をぱらっとみたら
目の保養になりそうだったので購入。
ヨシダナギさんの特集も面白いし
アフリカの絶景写真やサプールについても興味深々!
久々に良い雑誌を入手できました。
  1. 2017/05/09(火) 13:46:14|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   次のページ
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.