FC2ブログ
Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市浦和区仲町にて
バッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。


◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグ教室の
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4木曜クラス:
   10:00〜13:00残席2
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
   ※材料実費は別途
   (バッグ1型の材料費は
    6200〜9800円)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995


*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《バインダーまとめ》

20081220102444
縫い代を
帯状の革や布ではさんで縫い、
仕上げる方法です。

なぜか
メンズのバッグに多く見られるまとめ方です。

修理の時には少し手間がかかりますが
見た目はカッコイイ気がします(笑)

今回は内側の仕立てですが
革帯を使用しています。

革でまとめると感じ良く仕上がり
作っていても気持ちがいいものです。
  1. 2008/12/20(土) 10:24:47|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《中づくり》

20081217183606
オーダー品の内側を作ってます。

リュックタイプで、
ポケットにパソコンを入れる仕様なので
ウレタンを抱かせて仕立てています。

今日は朝から雨で寒いですね。

私は風邪の延長で
日曜から声が出なくなりました…。
困りました…。

家にこもって作業してる分にはさほど支障はないですけどね。(笑)
  1. 2008/12/17(水) 18:36:08|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《変な型紙ですが》

20081212145220
オーダー品のデイバッグの
ショルダー部分の型紙です。

思ってもみなかった形になったりして
オモシロイです。

ショルダーの内側は今回は布地なので
伸びないように縦目が端から端までキチンと通るように
布目を見ながら裁断します。

お客様からお預かりした
サンプルのバッグは今日お返しなので
少しハラハラしながら裁断中です。(笑)
  1. 2008/12/12(金) 14:52:23|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《おむすび定食》

20081211135034
軽い風邪をひいたようです。

体のことも考えつつ、
今週は作業の為に引きこもり状態なので(笑)
昼夜ごはんは自炊をしております。。。

レンコンはのどに良いのを思い出し
キンピラを作りました。

お昼はおむすび定食風。
鮭のおむすびと根菜の味噌汁とゆで卵。
何故か飲み物は紅茶です。

風邪をひいても食欲はあるんですよね(笑)
  1. 2008/12/11(木) 13:50:37|
  2. 家ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《腕ミシン・17について》

20081209195017
革漉きの修理に来て下さった方とのお話から
長年の疑問が解決しました…。

腕ミシンをなぜ17(ジュウシチ)と言うのか。

17というのは本当はSEIKOの腕ミシンの1モデルの呼び名で
次第に腕ミシンの総称のように使われるようになったそう。

SEIKOの17はSINGERのモデルを基に制作されていて
その製品番号から、そう呼ばれるようになったようです。

靴用に使われる腕ミシンの18や、
平ミシンが16なのも同様の理由です。

思いがけず革漉以外も
スッキリした私でした。。。
  1. 2008/12/09(火) 19:50:19|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《革漉機の修理》

20081208122507
先週金曜に
革漉の調子が悪くなり
完全に作業できなくなりました…。

あわあわしながら
近場で修理出来るところを探して
運よく見つかり早速来てもらいました…。

来てくださったのは星野ミシンさん。

さいたま市周辺で
ミシン・革漉機のことを相談したいなら
オススメです。

助かりました!
お医者さんと同じで神様に見えますね。(笑)

ミシンパーツの相談も出来たので
お世話になることも増えそうです。
  1. 2008/12/08(月) 12:25:10|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前のページ
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.