FC2ブログ
Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市浦和区仲町にて
バッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。


◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグ教室の
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4木曜クラス:
   10:00〜13:00残席2
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
   ※材料実費は別途
   (バッグ1型の材料費は
    6200〜9800円)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995


*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《ハナミズキ満開!》



本日、庭のハナミズキ満開!
それはそれは鮮やかなピンク色です。

気候もよく仕事がはかどり
今日はサンプルの型紙2本分を仕上げました。

型紙をとるのが一番楽しい!

バッグ職人仲間に聞くと
あまり一般的な嗜好ではないようです(笑)



  1. 2015/04/18(土) 22:02:11|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《3Dでヴァチカン美術館!》


今日までの上映だった
「ヴァチカン美術館4K3D天国への入口」を観てきました。

3Dは彫像を映像で鑑賞するには
とても良い方法です。
ただ平面であるはずのフレスコ画まで
3D加工されていたことに違和感が。
せっかく施されている遠近法の意味がないような…。

少々ツッコミどころはありましたが
ここ最近の美術館モノ映画は制覇したのでヨシとします。(笑)

…それから初の3D体験だったので
メガネの上から3Dメガネかけるってのに
「おぉ!」と思いました。
  1. 2015/04/18(土) 00:06:24|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《新しいお仕事》


仕事の打ち合わせで谷中へ。

桜並木はすっかり葉桜でしたが
紅色のガクの部分が残っているので
遠目に眺めるとほんのりピンク色。
それもまた美し!


以前勤めていたメーカーの
サンプル制作をお手伝いさせていただくことになりました。

ノラノラと仕事をしている私に
またしてもありがたい救いの手…。
おかげさまで
こうしてなんとかやっていかれてます!


会社員時代、
この時期はサンプル制作で忙しかったなぁと
懐かしく思い出し

…と同時に
夜な夜な会社の近所の中華屋に
出前をお願いした
ラーメン餃子やオムライスも頭の中に浮かんできて
食べたくなりました(笑)


  1. 2015/04/16(木) 10:20:02|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《メンテナンス》



修理品の革色調整のついでに
色飛びが気になっていた自分のバッグの色味も補正してみました。
(半分実験です・笑)

コーティング剤を乗せたら
だいぶ良い塩梅!

このバッグを見てオーダーいただくことも割と多いので
ちゃんとメンテナンスをしておかないと…(笑)



  1. 2015/04/13(月) 14:08:03|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《革の色調整》



修理品で
差し替える部分の革の色あいを
調整中。

一度、端革で色味を確認してから開始!

画像の上が色を乗せたもので
下が元の革色です。

完全に乾いたら上にコーティング剤を乗せて
ようやく使用出来ます。


バラしたバッグの原型の
記憶があるうちに組み立てないと…(笑)


  1. 2015/04/12(日) 20:09:05|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《グザヴィエ・ドラン2本立て》



グザヴィエ・ドラン監督作品の2本立てを
ヨガ後の気だるい体で頑張って観てきました(笑)


「マイ・マザー」は
思春期の、親との何処にでもある葛藤を描いた作品ですが
グザヴィエの手にかかるとそれぞれの感情が分かりやすく、しかも叙情的。


「胸騒ぎの恋人」は
1人の男の子を巡り、1男1女が恋の駆け引きを繰り広げる話。
1人が同性愛者であることを除けば
これもよくある恋愛話ですが
幻想的な表現や、途中に話の流れとは関係ない男女の恋話が語られたり
グザヴィエワールド全開!


登場人物の感情表現が分かりやすく共感しやすいのに加え
絵画的な独特の映像を作り上げるセンスもあることが
彼が他の追随を許さない監督である所以なのでしょう…。

なんだかあまりくたびれなかったし
満足感のある2本立てでした!


  1. 2015/04/12(日) 01:43:10|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《4月の雪》



桜も終わるという頃に雪!
4月の雪は5年ぶりとか。

みぞれに変わったりもしてますが
だいぶしっかり白々と降っています。

家に居られる日なら
作業しつつ窓の外を観て楽しめるのですが
今日も午後から渋谷で教室の日…(笑)




  1. 2015/04/08(水) 10:33:07|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《ディオールと私》



「ディオールと私」を観てきました。

チーフデザイナーに就任後のラフ・シモンズの
オートクチュールのショーまでの舞台裏を追うドキュメンタリー。


メゾンディオールを背負うことの重圧も計り知れないが
ジョン・ガリアーノの後の就任というのも
相当のプレッシャーだったんじゃなかろうか…。


思った以上に直感的に感覚的に仕事をする
彼の才能にも、ただただ感心したけれど
裏の作業風景が興味深く
オートクチュールのお針子さんたちの
職人魂もビシビシ伝わってくる内容でした!


スケジュール的に可能なら
もう一回観たいです…(笑)
  1. 2015/04/07(火) 22:34:14|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前のページ   次のページ
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.