Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市仲町にてバッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。

*浦和に新アトリエオープン!*

◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグの教室開始!
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
    他チケット制もあります。
    ※材料実費は別途
   (バッグ1型制作で
    5000〜1万円位です)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995



*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

Roatelierの木

大きくなると実際に植林されます!

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《紫陽花アフロ》



庭の紫陽花を生けてみたら
ボリュームあり過ぎてアフロのように…(笑)

紫陽花も盛りは越しつつあり
あっという間に6月も下旬。

早い、早すぎる…。
  1. 2018/06/20(水) 20:48:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《花木星ミトン》



オーダーしていたミトンが手元に!

文化時代の同級生でもある
「花木星ミトン」さんのものです。

そこそこ暑いけれど
何度も手を入れては見惚れる私…(笑)

これは冬が待ち遠しい!
大切に使わせていただきます。
  1. 2018/06/19(火) 15:59:19|
  2. 好きなものたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《今週2コマ目》



今週の教室の2コマ目

こちらは上級クラスで
型紙制作中の真剣なお二人

シャンパンゴールドのクロコ型押し革で
特大サイズのショルダーと
ペールピンクの舶来のリボンを
持ち手に縫い付けるトートと

それぞれ素敵なバッグになりそうだなぁと
相談に乗るのも結構楽しいです!
  1. 2018/06/15(金) 21:57:28|
  2. 革バッグ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《早い!》



教室の一コマ
裏地にみつけを縫い合わせ中。

5月からスタートされた生徒さん、
このペースだと
次回のクラスで1本目が完成しそう。
(3時間×4回=12時間!)

午前中のクラスでも1本目が完成した生徒さんがいて
始終、煽られっぱなしです…(笑)
  1. 2018/06/14(木) 21:27:09|
  2. 革バッグ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《ハラミュージアムアークへの旅》



群馬の渋川にある
ハラミュージアムアークという美術館へ
日帰り一人旅。

梅雨入りしてしまったので
行くタイミングを計っていました。
今日は爽やな気候で申し分なし!

美術館はこじんまりしていて
さらっと見られる規模。
もの足りないくらいだけど
ロケーションがいいのがポイント高い。

人が少なすぎて
周りを気にする必要もなく
心置きなくボーッと過ごせました…(笑)
  1. 2018/06/13(水) 21:06:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

《ジェノベーゼの季節》


今年の初収穫(というより摘芯と間引き)のバジルで
ジェノベーゼ第1号。

塩とオリーブオイルとニンニクだけで
こんなに美味しくてありがとう!(笑)
  1. 2018/06/12(火) 13:51:18|
  2. 家ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《バウルの公演へ》


昨年、ベンガル地方の吟遊詩人のバウルに興味を持ち
今日、日本で本物のバウルの演奏を体験する機会を得る。

今回の公演を行ったパルバティ・バウルは
女性のバウルでした。

足元までのびたドレットヘアをたなびかせて
踊り歌う。

思っていたより若くてキュート
それでいてパワフルな歌声。

独特の節回しがあって
こういうものか…と思ったけれど
終演後の観客の方の雑談で
その歌い方もバウルによって様々だと知りました。

新たにバウル本やCDを購入したので
もう少しその世界を探求します!
  1. 2018/06/10(日) 00:02:37|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《匂いが違います?》



靴フェチのタンゴ。
但し母の靴・サンダル限定…(¬_¬)?
何故?
  1. 2018/06/05(火) 12:30:07|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

   次のページ
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.