FC2ブログ
Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市浦和区仲町にて
バッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。


◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグ教室の
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4木曜クラス:
   10:00〜13:00残席2
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
   ※材料実費は別途
   (バッグ1型の材料費は
    6200〜9800円)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995


*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《国芳vsオマール》


午後一でメーカーさんの展示会に伺い
自分が作ったものや、それ以外のサンプルをじっくり見せていただいて

その後、渋谷へ移動。

まずは
「俺たちの国芳 わたしの国貞」を2時間かけて鑑賞。

国芳は超天才肌!あの大胆な構図力と想像力と表現力…全てが揃わないとあの世界観は作り得ない。
対して国貞は繊細なイメージ。表現も割と現実的で女性受けが良かったのも頷ける。
盛り上がって国芳関連の本も購入。
思っていた以上に楽しみました!オススメです。

…これで終わらず次は映画!
アップリンクで「オマールの壁」を。

壁によって分断されイスラエルの支配下にあるパレスチナ自治区の主人公の青年は
壁の反対側に暮らす幼馴染や恋人に会う為に
危険を承知で壁を越える。
人権も自由もない生活で普通の幸せを手に入れることも難しい。

自由も人権もあたり前にあるものではない。
日本だって歯車が狂えばどうなるか。

どちらもとても良い内容でしたが
脳ミソいっぱいいっぱい!(笑)
今夜眠れるかしら…。
  1. 2016/05/19(木) 02:02:20|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roatelier.blog92.fc2.com/tb.php/1104-c2380c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.