Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市仲町にてバッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。

*浦和に新アトリエオープン!*

◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグの教室開始!
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00
   14:00〜17:00
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
    他チケット制もあります。
    ※材料実費は別途
   (バッグ1型制作で
    5000〜1万円位です)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995



*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

Roatelierの木

大きくなると実際に植林されます!

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《ノスタルジック・インディア》


昨日、テラス飲みの前は楽風さんで
「ノスタルジック・インディア」という
インド中部の民族画"ゴンド画"と水彩画の展示を見てきました。

ゴンド画は伝統的な民族画だそうですが
現代的なタッチの絵も多くて
とても親しみやすく可愛らしかったです。

ポストカードなども気になりつつ
最終的に購入したのは何故かインドを紹介する本。
ガイドブック的要素もありますが写真も綺麗で
インドの生活が身近に感じられる読み物です。
いつか行かれるかしら…と夢みつつ眺めます…(笑)

水彩画を描いた佐藤友美さんは
インドの「バウル」という吟遊詩人の行者で
そのバウルが使うという弦楽器は
初めて見るものでした。
片手でその弦楽器を奏で
もう一方の手で腰の打楽器を叩き
足首に鈴を付けて踊り歌うらしい…。

想像するに相当な難易度。
一度聴きに行ってみたいな…と思っています。
  1. 2017/09/12(火) 14:36:33|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roatelier.blog92.fc2.com/tb.php/1324-f2f06594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.