FC2ブログ
Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市浦和区仲町にて
バッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。


◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグ教室の
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4木曜クラス:
   10:00〜13:00残席2
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
   ※材料実費は別途
   (バッグ1型の材料費は
    6200〜9800円)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995


*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《忙しい休日》



チケットがあったのでパディントン展、
アップリンクで映画を2本、
友人との晩餐。

それに野暮用も加わって
渋谷を1日パタパタ…(笑)

映画1本目は「しあわせの絵の具」
カナダの画家モード・ルイスをサリー・ホーキンスが、
その夫役はイーサン・ホーク。

元は家政婦として雇われたモードでしたが
2人は互いになくてはならない存在になっていく。

リュウマチで筆を持つことが容易でなくなってからも
描かないという選択肢が彼女にはなく
描くことが人生そのものという様子に
生きる喜びが感じられます。

2本目は「ラッキー」
ハリー・ディーン・スタントン演じる
90歳のラッキー。
ある日突然倒れるも
どこにも異常ないと診断される。
ただそれをきっかけに
目前に迫った自分の死を意識するようになる。

死は誰にでも訪れるし
若くても死を意識する場面はある。
誰しもに平等に死は目の前に存在している。
(歳をとればより意識をするようになるだけで)

父のことをきっかけに最近良く考えるテーマですが
この作品の結末で出されるラッキーの答え、
私はとても好きです。

友情出演のデヴィッド・リンチは
思っていた以上にガッツリ重要な役周り…。

どちらも好作品で良い休日でした!
  1. 2018/05/17(木) 10:29:07|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roatelier.blog92.fc2.com/tb.php/1410-dd194810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.