FC2ブログ
Roatelier ホームページはこちらから
バッグ職人 Roatelier の徒然・・・

プロフィール

Roatelier <ロアトリエ>

Author:Roatelier <ロアトリエ>
さいたま市浦和区仲町にて
バッグ等の革製品の制作、革バッグの教室を行っています。


◎バッグ教室のお知らせ◎

革バッグ教室の
生徒さん募集中です。

《日時》各定員4名
    ◎第2・4木曜クラス:
   10:00〜13:00残席2
   14:00〜17:00残席1
   18:30〜21:30
    ◎第2・4金曜クラス:
   10:00〜13:00残席1
   14:00〜17:00残席2
   18:30〜21:30
    ◎第2・4土曜クラス
   10:00〜13:00満席
   14:00〜17:00満席
   18:30〜21:30

《料金》入会金不要・道具貸し出し
    ●1回2枠、月2回
      ・・・15000円
    ●1回1枠、月2回
      ・・・10000円
   ※材料実費は別途
   (バッグ1型の材料費は
    6200〜9800円)

《場所》
   さいたま市浦和区仲町
   2−17−10
   柳田ビル4F
   (浦和駅より徒歩10分)
   ※1F「でんご」さん、
    2F「エノテカ・ドーラ」さん
     のあるビルです。

《お問い合わせ先》
    mail:info@roatelier.com
     TEL : 080-8721-8995


*RoatelierのHPも是非ご覧ください↓↓↓
>> Roatelier ホームページ <<
       どうぞよろしく!

おそらく何かが出来上がるのには
技術以上に作り手の内面が作用していると思います。

ゆえにこのブログは
私が作るBagの解説書…なのです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered by FC2ブログ.

web design by 近代図案

《グッドチョイス》


サンプル制作強化ウィークも
7日目ともなるとランチの店に迷い出す…(笑)

今日の賄いランチは
「あ、そういえばここもあった!」と
イタリアン『イ・プロフーミ』さんにて。

ランチ営業は最近は土日限定らしいです。
コースの案内しか出ていなかったところ
「1時間で戻りたい」の要望に応えてくださり
スープ+パスタのランチに。

ちょっと値段は高めですが
ごぼうとジャガイモのビシソワーズも
蝦夷鹿肉のボロネーゼも
とても美味しかった!

我ながらグッドチョイス!
  1. 2019/05/04(土) 22:21:10|
  2. 浦和のお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《もう一踏ん張り》



お昼前にサンプル3本が上がり
ホッとしたのも束の間、また1本宿題いただく。

メーカーさんも助っ人が連日居るのを知ってましたからね。
…こちらも想定内です!(笑)

修正は入るでしょうが
これが終われば一気に色揃え制作にかかれます。

さぁもう一踏ん張り!
  1. 2019/05/02(木) 22:26:19|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《ヘルシーなテイクアウト》



アトリエの斜向かいの「こもれび食堂」さんの定食を
テイクアウトして夕飯に。

もう少し仕事中してから…と思ったけれど
誘惑に勝てず早弁!

見た目も味も良い上に
体に染み渡る栄養ありがたし。

ちなみに昨晩は
Uber Eatsでマトンビリヤニを注文したので
完全に炭水化物多めだった反動です…(笑)
  1. 2019/04/30(火) 19:24:12|
  2. 浦和のお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《パワーアップ作戦中》



昨日までの3日間はバッグ教室で
一旦休止していたサンプル制作。

GWの間はパワーアップ作戦で
毎日お手伝いの方に来ていただくことに!

今日の賄いランチは「洋食屋」
角煮をパイに包んだちょっと変わったメニュー。

ボリュームあり過ぎて眠くならないか心配しましたが
見張りがいるので
ダレることなく集中できました…(笑)
  1. 2019/04/28(日) 20:56:13|
  2. 浦和のお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《McQUEEN》



4つほど仕事が順番待ちしてますが
今日は片目をつむって
映画「McQUEEN」の鑑賞。

彼が自殺したというニュースを聞いた当時
ファッションに疎い私のような人間でも
とてもショックだったのを覚えている。

マルジェラの映画に比べて
彼自身がさらけ出された作品で
ぐったりしながらも消化は出来た感。

私はドクロとか退廃的な美とか
特に好まないけれど
それでも彼の世界観には目を背けられない力(美しさ)があるし
何より嫌ではないのが不思議。
(拒絶する人も多かったというが。)

各コレクションの完成度の高さが
継続の難しさと破綻の匂いを感じさせ
彼が洗練と引き換えにすり減っていく様は
痛々しくて見ていて息苦しかった。

鑑賞後は友人に
「自殺はしないでね」と確認しながら
マックイーンを偲んでの晩餐になりました…。
  1. 2019/04/18(木) 01:06:08|
  2. その他徒然・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《削ぎ落とし》



丸みがある型をヘリ返しして
革が集まって厚みの出た部分は
包丁でそぎ落とします。

下に敷いているのはカナヅチ。
丸みがあるので革を反らせるとそぎ易い!

道具はあまり増やさない主義。
(いや、狭いからかしら?)
大体のことは「コレ使えるな」と
手近なモノで済ませられるというもの。

下手すると生徒さんの方が
道具揃えてたりも…(笑)
  1. 2019/04/16(火) 20:41:24|
  2. バッグ制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《ややこしいポケットを攻略して》



今日の教室で完成の
上級クラスの生徒さんが作った
前胴の浮かしポケットがミソのショルダーバッグ。

バッグ作りはパズルのようなもの。
どういう手順で組み立てるか考えるのは
相当な頭の体操になります…(笑)

この前胴のポケットは
ざっくり手順を説明すると
?ポケット口にファスナー下を取り付けて
?ポケットマチは先に胴に縫い付け
?ポケットマチとポケット胴を袋縫いして
?ファスナー上とファスナーかぶせを固定して
?その上に胴上パーツを乗せて縫う
…という少し面倒な作り。

仕上がりは
そのややこしさを感じさせない
生徒さんご自身も驚くほどの良い出来でした!
  1. 2019/04/13(土) 17:47:13|
  2. 革バッグ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《クロコ×カープ?》



生徒さんの次作ボストン用の革は
クロコ型押しに
錦鯉のようなプリントの革。
(表現力の限界…笑)

スゴイ革がありますねぇ。
毎度楽しませてもらってます…。
  1. 2019/04/12(金) 18:54:09|
  2. 革バッグ教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前のページ   次のページ
copyright (c) Roatelier  All Rights Reserved.